株式会社新生光産
株式会社新生光産

住宅の一次エネルギー消費量の収支をプラスマイナス「ゼロ」に。株式会社新生光産はZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を支援しています。

Products取扱商品

蓄電池

蓄電池とは - 家庭用蓄電池・蓄電システムの基礎
導入のメリット・デメリットについて -

太陽光発電の導入をご検討されるお客様の中には、太陽光発電だけでなくオール電化や蓄電池についてもご興味を持たれている方がたくさんいらっしゃいます。

中でも最近では、住宅用の太陽光発電システムの補助金がなくなったことの他、2009年に開始された固定価格買取制度(※)の買取期間が2019年以降順次満了を迎えることに伴い、家庭用蓄電池を検討されるご家庭も増えています。

このページではそんな家庭用蓄電池・蓄電システムについて解説していきたいと思います。

※2009年に開始した10年間のエネルギー買取価格を固定する制度のこと。法律で定めた価格で電力事業者が買い取るよう義務づけた助成制度。

こんなセールストークにご注意ください!!

  • 蓄電池導入なら当社が一番お得!
  • 蓄電池導入の際、これをしないと損!
  • 工事費無料
  • 期間限定の割引キャンペーン

太陽光発電を取り扱う企業の中には魅力的な営業トークを使って、実際には非常に高額な提案をする悪徳企業が増えています。「この内容、本当に大丈夫なのか分からない」とった案内があった方は、ぜひ一度新生光産にご相談ください。

そもそも蓄電池ってなに?

「蓄電池」とは、その名の通り、発電や買電した電気を蓄え、必要なときに繰り返し必要な分だけ使うことができる電池・装置のことです。

以前から自動車や航空機・農業機械などを始め、モバイル端末、非常用電源などで利用されている、私達の生活でなくてはならないものが蓄電池です。

家庭用蓄電池では、安い深夜電力を蓄えておき、非常時や昼間の高い電気料金の時に照明・テレビ・冷蔵庫などの電力として利用が可能です。

蓄電池

家庭用蓄電池とは?

電気を蓄えて繰り返し使える化学電池を、二次電池や充電式電池(バッテリー)といいますが、初期の太陽光発電では、こうした「電気を蓄える」ということは難しいとされていました。

しかし、東日本大震災の経験から、災害時の非常用に家庭用蓄電池は世間から注目を集める事となり、電気を自給自足できる大容量の蓄電池システムに関心が高まっています。

家庭用蓄電池は災害時の非常用電源にとどまらず、住まいのゼロエネルギー化を推奨するための重要な電源装置としても、確実に認知されています。

用途や材料で考える蓄電池の種類

蓄電池の種類は、「どのように使うか」「どんな材料でできているか」によって分類が可能です。

用途で考える蓄電池

蓄電池は用途別で大きく分けると定置式蓄電池と移動式蓄電池に分かれます。現在の主流は、大容量の定置式です。

蓄電池

定置式蓄電池

定置式蓄電池とは、据え置き型の蓄電池のことです。所定のスペースを確保した上で蓄電池を設置します。

定置式蓄電池は、電気料金を削減し、生活で使用する電力を極力創エネで賄えることを前提にした“創エネ機器”としての役割を担っています。もちろん、災害時の非常用電源としても活躍します。

移動式蓄電池

移動式蓄電池は、“ポータブル式”蓄電池ともいわれており、「非常用」あるいは「緊急時の一時利用」として利用されています。東日本大震災時にいち早くメディアで取り上げられたのも、この移動式蓄電池です。

ただ、移動式蓄電池は災害時の非常用に適していますが、日常的に使う蓄電池としては容量の不足感が目立ちます。現在のところ、スマートハウスを検討する場合は、移動式蓄電池ではなく定置式蓄電池の設置を推奨しています。

材料で考える蓄電池

蓄電池は電極に使う素材によって、以下の4種類に大きく分かれています。

  • 鉛蓄電池
  • リチウムイオン二次電池
  • ニッケル水素電池
  • ニッケル・カドミウム(ニカド)電池

その中で、家庭用蓄電池として最も普及しているのがリチウムイオン二次電池です。

他の電池と比べて軽くて大きな電力を持っているのが特長で、主に携帯電話・ノートパソコン・カメラなどに使われており、モバイル機器になくてはならない最先端の電池です。

蓄電池のメーカー

太陽光発電の主流メーカーはどこも蓄電池の取り扱いをしています。

例えば、パナソニックの創蓄連携システム、シャープのクラウド蓄電池システムなどが良く知られており、太陽光発電のメーカー以外では、伊藤忠商事のスマートスターLや、ニチコンの製品がよく選ばれています。

メーカーや機種によって蓄電容量や寿命、保証期間などが異なりますので、しっかり確認した上で機種を選ぶことをおすすめします。

蓄電池

蓄電池

新生光産の取り扱いメーカー

  • Panasonic
  • 長州産業株式会社
  • SHARP
  • KYOCERA
  • QCELLS
  • 三菱電機
  • HITACHI
  • TOSHIBA

家庭用蓄電池を設置するメリット・デメリット

家庭用蓄電池のメリット

蓄電池の本質的な導入メリットは大きく2つあります。

1.災害時などの非常用電源になる

停電蓄電池を導入する一番のメリットは、非常時に電源として使えることの安心感です。

大規模な地震などの災害時、広域にわたって停電が発生した場合でも、家庭用蓄電池があれば緊急時には充電しておいた電力を十分に活用できます。

例えば、蓄電容量7.2kWhの蓄電池がフル充電の状態であれば、以下の電子機器を12時間使用し続けることができます。(フル充電は3時間程度で完了します。)

  • テレビで現状把握テレビ
  • 携帯電話の充電携帯電話の充電
  • 照明器具照明器具
  • 冷蔵庫冷蔵庫

2.ピークシフトに貢献できる

電力需要のピーク(13時~16時)を避けて電気を使用することをピークシフトといいます。

蓄電池があれば、電力会社から供給される電気を使う時間をずらすことができるため、電力需要のピークの山を減らすことができ、エネルギーの無駄を減らすことができます。

蓄電池があれば電力需要のピークの山と谷の差を減らすことができるので、日本のエネルギー事情に貢献することができるのです。

以上の2つのメリットの他にも以下のようなメリットがあります。

  • 料金の安い深夜電力を充電、昼間に利用(放電)することで電気料金を削減出来ます。
  • 太陽光発電との併用で更に賢く節約でき、環境保全にも役立ちます。

家庭用蓄電池のデメリット

蓄電池の導入デメリットは以下のとおりです。

1.コスト負担

家庭用蓄電池の導入には定置式の場合、少なくとも160万円ぐらいのコストを覚悟しなければなりません。
初期投資に費用がかかることについては、まずご理解いただく必要があります。

2.寿命がある

家庭用蓄電池には寿命があり、年数も比較的短いことが特徴です。
10年で全く使えなくなることはありませんが、10年使うと容量は最初の7割前後になるとされています。

この他に

  • 家庭用蓄電池単体での補助金制度が不安定
  • 設置スペースを事前に考慮しなければならない

といった悩みもありますので、じっくりご検討・ご理解いただいた上での導入をおすすめいたします。

まとめ

蓄電池はまだまだ高価な商品です。

ですが、蓄電池を導入することは、非常時の電源としての安心にプラスして、日本のエネルギー問題の助けにもなります。

省エネを加速させてくれる蓄電池。太陽光発電システムと組み合わせれば、力を引き出し、大きな節電効果をもたらしてくれるはずです。

「自分の住まいに合った蓄電池を考えたい」という方は是非、新生光産までお問い合わせください。

  • 太陽光発電にすると本当にお得になるの?
  • 固定価格買取制度期間満了の対策はあるの?

削減できる光熱費や、設置補助金額が分かる
料金シミュレーション
承ります。


ご質問だけでもお気軽に

  • お電話でのお問い合わせ受付時間 9:00~17:00(月~金)
    土・日・祝・GW・年末年始は除く
  • 訪問シミュレーションにつきましては、原則、徳島県、香川県、高知県が対象となります。
    その他の都道府県でのご対応につきましては、お問い合わせの際にお気軽にご相談ください。
無料シミュレーションについての詳細はこちら

Contactお問い合わせ

ご不明な点やご質問など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-67-5351

受付営業時間 /9:00~17:00(月~金)
土・日・祝・GW・年末年始は除く

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PC、スマホなどからの
お問い合わせはこちらから